うつ病発症からまさかの同棲へ〜実家に住むのが困難になる編〜

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

 

前回から勝手に始まったシリーズ

 

うつ病発症からまさかの同棲へ

 

今回は

 

2)実家に住むのが困難になる 編です。

 

 

医師から「典型的なうつ病ですね〜」と診断されたときは

 

実家に住んでいました。

 

実家には私の他に、両親と祖母、妹二人が住んでいました。

 

結論からいうと、

 

残念ながら、

 

私の両親は毒親です(でした)

 

ので、一緒に住むのは健康だったときでもつらいものがありました。

 

 

一応、おそるおそる診断結果を伝えると

 

両親ともに見守ってくれそうな? 悪くない反応でした。

 

 

しかし、実際の生活となると

 

母「犬の世話がきちんとしてない!!!」

 

と絶叫のように怒鳴り散らし

 

父「散歩は毎日1時間、続けることが大事なんだぞ。」

 

そうすりゃ治る、と。

 

 

私からすれば

 

「いやいや、散歩に出ようと思えただけラッキーだと思ってくれ。」

 

と思うんですが。

 

 

父は昔から「継続は力なり」「身を粉にして働く」など

 

精神論(?)が大好きで、「こうあるべき」を押し付けてくるタイプでした。

 

もうちょっと発想を変えて、

 

継続して「休む」という方向に促してくれたら良かったのにな(笑)

 

私のことが大好きすぎて心配しすぎたせいか、なんなのか、

 

若い頃は手が出る人でした。

 

どれだけ頭を叩かれ、何枚ガラスが割れ、物がとんできたか。。

 

一言でいえば、虐待かDVか。

 

子どもは親の所有物で、親を敬い、言うことは絶対。

 

 

一方、母からの暴力はありませんでした。

 

怒鳴ることもそれほど多くはありませんでした。

 

しかし、私は妹たちと比べて、明らかに母との仲が良くありませんでした。

 

これに関しては妹も

 

「お姉ちゃんは悪くなくてもいつも怒られてたよね。」

 

なんて言っているくらいです。

 

思春期になってからは、もう母との信頼関係は諦めてしまっていたと思います。

 

それを察してか、母の私に対する態度も冷たい物でした。

 

 

そんな両親との関係でしたので、

 

家庭に落ち着ける場所がありませんでした。

 

 

そして、うつ病になってからは

 

両親との嫌な思い出がほぼ24時間自動的に思い出されるようになり、

 

余計に休まらなくなりました。

 

ヒマだから思い出してしまったのか、症状なのかわかりませんが

 

とにかく止めようにも止められない状態でした。

 

 

そして、30分刻みにしか眠れないストレス、食べられないストレスと

 

相まって我慢できなくなり

 

発狂するようになりました。

 

「あああああ!」

 

とか

 

「ふざけんなよ!!!!」

 

とか

 

ただ一人、部屋で思い出に向かって発狂。

 

 

始まると止まらなくなり

 

ドアや窓を蹴ったり

 

ついにはキッチンやお風呂場をめちゃくちゃにしました。

 

数回はやったと思います。

 

(ごめんなさい)

 

 

この様子を、最近、妹が

 

「うちにダースベーダーいたよね。」

 

と笑い話にしていました。

 

(妹とはとても仲が良いです。感謝だ、妹よ。)

 

 

このとき両親と話そうにも

 

ダースベーダーと毒両親では、まったく会話が成り立ちません。

 

もう、私にとっても両親にとっても一緒に住むのが限界でした。

 

妹たちにもとても迷惑な存在でしたし。

 

 

そんなとき、

 

「俺も一人暮らししようと思ってたから、一緒に住まない?」

 

と、しゅじんに救い出されることになります。

 

 

というわけで

 

次回、しゅじんに救い出される 編 です。