うつ病発症からまさかの同棲へ〜しゅじんに救い出される編〜

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ 

 

 

うつ病発症からまさかの同棲へ

 

今回はシリーズ最終章

 

3)しゅじんに救い出される 編です。

 

両親も私も、お互い一緒に住むのがつらくなっていたとき、

 

「俺も一人暮らし始めようかと思ってたところだし、一緒に住まない?」

 

と、しゅじん。

 

「はへ?」

 

こんなダースベーダーと住みたいのか??

 

この人、なに言ってんの??

 

 

私がどれだけ今は異常な状態かを伝えても

 

「別に寝てるだけなら実家でもアパートでも同じじゃん。」

 

「家事? しなくていいよ。どうせ今は寝てるしかできないでしょ。」

 

 

しゅじんはさっさとアパートを契約し、

 

車で迎えに来てくれました。

 

着替えだけ持って出ました。

 

 

両親にはしゅじんのことは伝えずに

 

「家出るね。」

 

とだけ言いました。

 

父「家を出るって、どこに住むんだ?」

 

私「自分でなんとかする。」

 

父「仕事もないのにどうやって生活するつもりだ?」

 

私「自分でなんとかする。」

 

父「そんなことをするつもりなら、背水の陣のつもりで〜うんぬん」

 

私(まだ説教してる、、)

 

 

心配してくれる両親がいることは、とてもありがたいことです。

 

でも、このときはとにかく離れて暮らすことしか考えられませんでした。

 

結果的に現在は、両親との悪い思い出や関係とも

 

だいぶうまく折り合いをつけられるようになってきました。

 

救い出してくれたしゅじんには、

 

感謝してもしきれません。

 

 

一緒に住み始めるとき、

 

家事しなくていいとかキレイごと言っちゃって、

 

せいぜい3ヶ月の同棲生活だろうな。

 

なんて思っていました。

 

しかし、しゅじんは私にとって神様、仏様でした。

 

以下、会話例です。

 

 

私「もし私が元気になって、もう一緒に住みたくないって逃げたらどうするの?」

 

主「元気になったなら良かったじゃん。」

 

( ? _ ? )

 

 

私「家事できなくてごめんね。」

 

主「いいのよ。一人暮らししてたら仕事中に家事は進んでないんだから。」

 

( ? _ ? )

 

 

私「アイロンがけできない!」 ←途中までやった。

 

主「できなかったら、とばせばいいよ。」

 

( ? _ ? )

 

まったくのシワシワよりは、多少のばしたくらいになってればいいと。。

 

もう、凡人には予測不可能な返しをされます。

 

なんて心地良いんでしょう(笑)

 

住み始めは、ポカーーンの連続でした。

 

 

いつもしゅじんはこんな感じです。

 

「できないところ」ではなくて「できたところ」に目をつけてくれます。

 

だからしゅじんが帰宅したとき

 

洗濯物が干し終わっているだけで

 

「あ〜楽だなあ。」

 

なんて言ってくれます。

 

もう、ほんっとに、しゅじんったら*1むふふ

 

 

こんな感じで、

 

あれよあれよと言う間に同棲が始まりました。

 

今後、生活の様子とうつ病治療の記事を更新予定です。

 

 

*1:*´∀`*